バイナリーオプションとテクニカル分析

バイナリーオプションとテクニカル分析

テクニカル分析はバイナリーオプションで勝てる武器

バイナリーオプションで利益を出す武器として、テクニカル分析は第一候補に挙げられます。それくらい相性もいいですし、今は利用している投資家が多いのが現実です。利用する人が多いということは、それだけ利益を出せているケースが多いという事実が隠れているのです。もし損ばかりしているなら、誰もテクニカル分析なんて活用しなくなってしまいます。

とくにテクニカル分析は、登場したばかりの頃はオカルト扱いを受けていました。そういった最低の評価の状態から、今の状態まで評価が高くなっているのですから、テクニカル分析がどれだけ有効なテクニックなのか理解できると思います。

テクニカル分析の利便性

テクニカル分析はあらゆる投資で活用することが可能です。バイナリーオプションだけではなく、株式投資やFXでも使えます。一度覚えてしまえば、一生使えるテクニックがテクニカル分析なのです。これだけ魅力あるテクニックを覚えないわけにはいきません。知っているだけでも、自分の投資にプラスになるのは間違いありません。

テクニカル分析の基本的な使い方

テクニカル分析の基本は、チャートに表示されたローソク足をみることから始まります。チャートを見れば、今までの相場の流れと、今後の相場の予測が立てられるようになります。ローソク足には市場の方向性が見え隠れしています。たとえば、陽線が連続しているなら、市場は価格を上げたいと判断できます。逆に陰線が続くようなら、市場は価格を下げたいのです。こうした価格の動きはトレンドと呼ばれます。トレンドを理解して、自分がどういったポジションを取るのか考えていきます。

バイナリーオプションのハイローは、指定された時間に価格が上がるか、下がるかを当てる投資ですから、トレンドに従って投資をするのが基本です。つまり、上昇トレンドなら価格が上がると予想します。こうした素直な気持ちを持って投資をすることは大切です。

為替市場は大変大きな市場ですから、個人の力で価格を操作することは不可能です。したがって、トレンドを株式投資以上に重要視する必要があります。少し話が逸れますが、株式投資の場合、小さい会社の株は数億円程度でも価格を操作することが可能です。つまりお金のある人の操り人形状態に、株価がなることがあるわけです。こうした状況ではテクニカル分析が有効活用出来ないので注意しましょう。

テクニカル分析を覚えるには、実戦で経験を積むことが必須です。いきなり実戦では、失敗することも多々あるので、まずはバーチャルトレードで練習をしていきましょう。バーチャルトレードならリアルのお金は減りません。そして、自分のスキルだけ磨くことが出来るので最高の環境です。

【当てれば大きい取引ルール】ワンタッチの攻略

【当てれば大きい取引ルール】ワンタッチの攻略

大きな収益を獲得できるワンタッチ

ワンタッチは取引ルールの中でも最もペイアウト倍率が高い取引ルールです。そのため予想が的中すれば他の取引ルールの何十回分の利益を得ることが可能になります。取引ルールとしては他よりも取引時間が長く設けられていて、指定されているラインを超えるかどうかを予想するものです。ワンタッチという名の通りに指定されたラインを取引時間内に一度でも超えれば、取引時間が来た時にラインより中にいても予想が的中したことになります。これとは別にノータッチという指定されたラインを超えないかどうかを予想するものもあるのです。

しかしペイアウト倍率が高いということそれだけ予想を的中させる難易度が高いということであり、その指定されているラインも簡単に超えることはできません。というより相場の流れが通常の状態であれば到達するのはまず不可能と考えていいでしょう。そのためワンタッチの攻略をするのであれば、その「通常の状態」ではない相場を狙って取引することになります。

取引タイミングは相場が激しい時を狙うのがコツ

通常の状態でないということは相場が激しく動いている状態であり、こうした状態は政治や経済といった影響のある情報が出るとなりやすいです。そのためワンタッチで取引をするのであればその情報を分析するファンダメンタル分析をするのがポイントになります。ファンダメンタル分析で参考にする情報は経済指標であり、経済指標はスケジュールが設計されていて、時間が来ると情報が公開されます。情報が重要なものであれば、公開された途端に相場は今までの流れを無視するレベルで動く可能性も出てくるのです。そのような今までの流れが意味がない動きとなれば、ワンタッチで指定されたラインに到達しやすくなります。

そのためポイントとしては経済指標を見て自分の取引している銘柄が大きく動く可能性がある重要な情報がないかを探すことになるのです。銘柄によっても影響を受ける情報は違うので、普段ハイローで取引をしている方はワンタッチの時のみ、別の銘柄で取引することも考えるといいでしょう。実際に動かない銘柄は本当に動かないので、そのような銘柄で取引するのはあまりおすすめできません。

また普段から激しい動きをする銘柄で取引をして、政治や経済の情報がなくても超えることを期待する方法もありますが、こちらは方向性が決まっておらず予想がしづらいのでリスクの方が高くなります。予想できるかどうかもハイロー等に比べると不安定になるので、高いペイアウト倍率による利益が狙えるからといって大金を取引金額に設定するのはやめましょう。